2005年05月28日

運転代行社

昨夜、旦那は会社の人と呑みにけーしょん(←古い表現)ビールをして帰ってきました。
もちろん「運転代行」してもらって。

運転代行は、お酒を飲んだりして車を運転できない時に代わりに自分の車を運転してくれるシステム。
その業者がもう1台、車を用意して追尾。
目的地に到着したら、運転してくれた人は追尾してきた車に乗って帰っていく。
そんなに安くはないですが、高い料金がかかるといったわけでもない。
万が一、飲酒運転で事故を起こしてしまうよりは家族としては安心できる。

昔は、そんな業者を利用していなかったので、飲み会のある日は、車で一眠りして酔いを醒ましてから、帰ってきてた。
いつまでも帰ってこないと、救急車が近くを通る度に、「なんかあったんじゃないか?」と心配で朝まで寝ないで待っていた事もあったっけ(遠い目)

飲酒運転で人を撥ねて取り返しがつかなくなるニュースを聞くと、なぜ皆こういう業者に運転代行をお願いしないのか、不思議に思う。
まぁ、場所によっては代行業者が少なかったりして利用しにくいのかもね・・・

その他にも、何人かの仲間で飲みに行った際、一人だけ飲酒しない人を決めて、お店側もその配慮を歓迎して、飲酒しない人のソフトドリンクは無料にするとか。
海外のお店ではそんな粋な計らいをする処もあるらしい。

ちょっとした配慮をすれば、飲酒運転で人の命を奪ってしまう事なんて無くなるハズだと思う。
posted by 村々 at 18:24| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3968978

この記事へのトラックバック

【宮城暴走車突入事故】飲酒に寛容な社会
Excerpt: 数年前から、ファミリーレストランのような造りの居酒屋が郊外でポツポツ見かけられるようになった。私も何度か利用した事があるが、メニューやサービスも子ども連れでも楽しめるように工夫されており、中々便利だ。..
Weblog: さいたまblog
Tracked: 2005-05-30 11:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。